わきがとはどんな症状でどうして臭うのか

わきがの正式名称は腋臭症と言い、その特徴的な症状はにおいです。汗の線には2種類あります。エクリン腺の汗はさらさらしていて無臭です。一方、アポクリン腺と呼ばれる汗腺の汗により気になる臭いが発生するのです。汗自体は無臭なのですが、汗に含まれているアンモニアやたんぱく質、脂質などが常在菌に分解されると強烈な臭いに変化します。腋毛を生やしていると、汗で湿った状態が続いてしまうため、臭いがより強くなります。わきがになる原因の一つに遺伝があります。これは自分の力ではわきがの発症を改善できません。一般的に両親ともわきがの場合は子供がわきがになる確率が高くなり、片親だけの場合は両親2人ともわきがの場合よりは低い確率です。両親ともわきがでも、絶対にわきがになるとは限りません。

生活習慣が原因でわきがの臭いが強くなる場合も

欧米人と比較して、日本人はわきが体質がかなり少ない人種です。しかし、最近では臭いが気になる人が増加しています。わきが体質の人が増えたわけではなく、食生活の変化がもたらした結果かもしれません。元来日本食は、コメと野菜、魚が中心の食事でした。現在ではファストフードなどで使用している原料は肉類や脂質が多く、カロリーが高い食べ物がほとんどを占めています。欧米人の食事の形態に近い食事をしていると、アポクリン腺の活動が活発になり、臭いが強くなります。わきがの体質改善のために効果的な食事をすることが、わきがの臭いを弱めます。野菜や魚、大豆製品を積極的に摂ることで、わきがの特徴的な症状を抑えることが期待できます。アポクリン腺の数は生まれた時に決まっていて、性ホルモンや食事などの影響は全く受けませんので、食事でアポクリン腺を減らすことはできません。

自分でできるわきがのセルフチェック

唯一の特徴と言えるわきがの臭いですが、脇からいつもと違う強いにおいを感じた時、ひょっとしてわきがなのでは、と不安に感じることでしょう。そんな時にはセルフチェックをしてみるべきです。まず耳垢がアメ耳の人にはわきがの人が圧倒的に多く、さらに耳の中の毛が太いかどうかも要チェックです。なぜならアポクリン腺は毛根近くに多いため、太くしっかりとした毛が生えている人は、アポクリン腺もしっかりしている可能性があるからです。いつも着ている洋服の脇の部分の黄ばみが気になる人もわきがの可能性が高い人です。アポクリン腺の汗は、たんぱく質などを含んでいて粘り気が強い汗です。黄ばみが気になる人は、わきがを疑ってみましょう。一番わきがの疑いが強いのは、腋毛に白い粉のようなものが付着する場合です。その粉状の物は、アポクリン腺からの分泌物なので、わきが体質と判断できます。