体調によってわきがは悪化するもの

わきがの原因は汗腺から出る物質が毛や汗などに付着した雑菌と合わさる事で引き起こされることにあります。ここで汗ですが、状態によって出てくる汗は違います。暑い時に出る汗と、緊張している時に出る汗は、出る場所も状態も違うものです。そもそも汗は体温をコントロールする機能と、ニオイによる種族の判別という原始的な役割があるとされています。そして脇汗や足の裏などは緊張すると出る汗といわれており、わきがの原因のひとつにストレスが挙げられているのはこのような点からも言われています。この緊張したときの汗について実は化学的に解明されていない部分もあります。体の中から出てくる汗が体調に左右されないわけがなく、食べたもののニオイがそのまま汗と一緒に出てくるということもあります。ガンの方の匂いが独特と言う事例もあります。

わきがは人体の中からにじみ出るニオイ

人は食べ物で出来ており、過剰なストレスは身体を蝕みます。正常な汗は不快な臭いはほとんど無く、汗をかくことで老廃物の一部を排出しています。つまり汗自体の問題ではなく、体内の問題が、わきがの問題に繋がります。ストレスを排除する問題は非常に難しく生活そのものを見直す必要も出てきます。ただ食生活を改める事は少しずつでも可能です。肉やジャンクフードばかり食べない、野菜中心の生活をする、何事も過ぎることのない食生活で肥満を防ぐことは、対処のひとつです。それでもニオイが気になる方は、汗腺付近のニオイの素となる常在菌を殺菌し臭いを抑える方法があります。こまめに汗を拭き、脇毛の処理をした上で、殺菌剤などを使用することで、対処できる場合もあります。脇毛が生えている理由は脇のリンパ節や血管を守る役割がありますが、無くても守れます。

わきがを気にしすぎて恐怖症にならないように

わきがは、自覚できる人とできない人がいます。自覚できる人は対処もしており、周囲の方からは適度な理解を得られますが、自覚できない人は無自覚に人に迷惑をかけています。まずは下着やシャツの脇を確認して変色が激しい場合はワキガを疑ってほしいです。あと耳垢が湿っており、耳毛が多い方も疑いを持った方が良いという話もあります。ただ気にしすぎて恐怖症になってしまうのは良くないので、気になる方はご家族に尋ねるのが一番です。そして制汗剤などを用いても、生活習慣を正しても臭いが消えないという方は手術という方法もあります。美容外科や皮膚科で取り扱っていることが多いですので、保険適応や医療費控除が適応される病院を探してみることもおすすめです。とりあえず運動と禁煙は必ず行ってほしい対処です。